So-net無料ブログ作成

できるとおもえばできる [チタンのお話し]

チタンは柔らかい。
ぐにゃぐにゃ曲がる。

そう思うと本当に柔らかくなる。
そこが不思議なところ。

地金の気持ちが分かり始めると、自由になる。
対話が大切。

明日の可能性は広い。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [Goldのお話し]

靴を履いて歩いていて、痛ッ、っと思った経験がある。

何かが足の裏に刺さっていることは感覚で判る。
歩きにくいので、靴を脱いで、靴下の上から刺さっているものを抜こうと、つまんだりゴシゴシ擦ったりしてみる。

取れたかなと思って、靴を履いてまた歩く。
何歩か進むとまた痛い。

ダメだなこれは。
道路脇の石に腰掛けて、靴を脱ぎ靴下もはぎ取る。

目を凝らして見てみるが、何も見えない。

このあたりだ。

指で軽く擦ると、確かにチクッとする。
何か刺さっている。

さらに凝視する。

針よりも細い棘が刺さっているのが見えた。

人差指と親指の爪をピンセットのように使い、抜こうとする。
毛抜きのようにはうまくいかない。

何度も試みて、ようやく抜けた。

手のひらに乗せて確認してみると、それは5ミリくらいの長さの細い線状の純金のかけらだった。
金色に光っている。

足に刺さるとは思わなかった。

1キロのインゴットを切断する時、糸鋸では時間がかかりすぎる。
大型のニッパがあれば何とかなるが、その時は持っていなかった。
そこで、大型の切タガネの出番となる。

大型の金鎚をふるってタガネで徐々に切断していく。
順番に打ち付けていくが、どうした弾みかでタガネの位置がほんの少しずれる。

その時に薄く細く硬くなった純金の切片ができる。
何度も叩いているので、細くても丈夫にできている。

それがなぜか下に落ちて、靴下に付いて、靴の底に回って、足の裏に刺さった。

髪の毛のように細くても、柔らかいはずでも、純金は強い。

ちょっと驚いた経験でした。
nice!(0) 

純金の栄養… [Goldのお話し]

もう15年以上昔のこと…

料理に純金箔がトッピングしてあるのを見て、
食事の時にやってみた。

手当たり次第…

茶碗に盛ってある湯気もわもわの白米の上にふわり
味噌汁の中にふわり
冷奴の上にふわり
お肉の上にふわり
コーヒーの上にふわり

その時は わーーー という気持ちでスゴイのだけれど、
口に入れて、もぐもぐ噛んで、ごくんと飲み込んで…

ん?

美味しかったのかな?
味は?
身体にいいのかな?

ん?

味は、分からなかった…

亜鉛や鉄のようなミネラル成分として身体に必要なのかなぁ?

ん~~~~~

意味がないから、もうやめた。

でも、ちょっと気分は華やいだ。

やっぱり、ショートケーキの白いホイップクリームの上に
ちょっと乗っかってる黄金色の純金箔が一番きれいでいい。

お酒の中に舞う金粉もうれしい。

きっと化粧品の中のゴールドやプラチナもうれしいのでしょうね…


金箔画像


nice!(0) 

9999 [Goldのお話し]

フォーナインは高純度。

99.99パーセントが純金。

1キロ=1000グラムの場合は0.1グラムが不純物。
ダイヤモンドなら 0.5カラットの石の大きさ。
その分だけ別の金属などが入っている。

そうなのか、そういうものなのか…
そんなに入っているのか…



いつだったか そんなことになんだか感心したことがあった。
nice!(0)